ご挨拶

先進的な教育環境の実現により
多方面から生徒の成長を支援し
社会で活躍できる人材を育成する

本校では「知・徳・体」の調和する人格教育に重きを置き、穏健中正で実行力に富み、国家、社会の信頼に値する人材の育成を教育目標として掲げております。名城大学との高大連携教育、スーパーサイエンスハイスクール事業およびスーパーグローバルハイスクール事業で培った探究活動の継続、全校生徒を対象とした海外研修など、多方面から生徒の成長を支援し、友達と絆を深め共に育つ教育環境の実現に取り組んでおります。

理事長 立花 貞司

教職員が一丸となって学びを応援
生徒の興味と関心を引き出し
一人ひとりの能力を伸ばします

本校の強みは、生徒の興味と関心を引き出し、多様な能力を伸ばすこと。普通科には「特進クラス」「進学クラス」、先進的理数教育を目指す「スーパーサイエンスクラス」、グローバルリーダーの育成を目指す「国際クラス」を設け、総合学科には、「社会探究」「地域交流」「ビジネス」「数理」の4系列を置き、教職員一丸となって生徒の学びを応援します。学校行事や部活動も、高校生活を豊かにします。

校長 伊藤 憲人

名城大学附属高等学校のスクール・ポリシー

名城大学附属高等学校では、育成すべき人材像を明確にし、生徒の資質の開花と伸長及び能力の獲得と向上のために適切な教育課程を編成し、体系的かつ組織的な教育活動を展開します。そして、本校にふさわしい入学者を受け入れるための選抜の実施を目的に、3つの方針を定めています。

1.育成を目指す資質・能力に関する方針-このような生徒を育てます-

名城大学附属高等学校は、「穏健中正で実行力に富み、国家、社会の信頼に値する人材を育成する」という立学の精神に基づき、次の資質と能力を身につけた生徒に対し、修了を認定します。

  1. 礼儀正しく、幅広い教養を身につけ、広い視野に立って物事の公正な判断をすることができる。
  2. 探究学習に熟達し、社会における諸問題の解決のためにその知識と能力を活用できる。
  3. 主体的に学び続け、学んだことを分かち合い、共に成長することができる。

2.教育課程の編成及び実施に関する方針-このように学びます-

名城大学附属高等学校は、育成を目指す資質・能力に関する方針にしたがって、次のような教育課程を編成し、実施します。

  1. 社会・自然科学、語学、情報、体育、芸術等に加え、スーパーサイエンスやスーパーグローバルなどの学校独自の科目等からなる教育課程を体系的に編成し、多様な経験を通じて、様々な価値観に触れ、物事を正しく理解し表現できるようにする。
  2. 講義・実験・実習・国内外のフィールドワーク等を適切に組み合わせ、また、ICTを取り入れた教育活動により、生きる力の醸成に役立つ知識と能力を確実に習得し、問題発見と課題解決ができるようにする。
  3. 主体的・対話的で深い学びを取り入れることにより、生涯にわたって自律的に学び、他者との協調による相互理解を踏まえて、協働ができるようにする。
  4. 学修成果に対する厳格な成績評価と単位認定を行うとともに、学修履歴をポートフォリオに記録し、個々の達成度と将来計画に応じた学修を進めることができるようにする。

3.入学者の受け入れに関する方針-このような生徒を求めます-

名城大学附属高等学校は、次のような人を受け入れます。

  1. 高等学校での学びの基礎となる中学校における各教科の基本事項を修得している。
  2. 学修成果を発展させ、高等教育機関や社会で生かすという目的意識がある。
  3. 様々な活動に積極的に挑戦し、卒業後も学び続ける意欲がある。

教育方針・特色

伝統と革新が融合した先進的な教育により、これからの社会を担う「知・徳・体」の調和した人材を育成します。

教育目的

  • 教育基本法・学校教育法の精神に則り、知・徳・体の調和する人格の完成を目指す。
  • 創設以来の伝統に基づき、穏健中正で実行力に富み、国家、社会の信頼に値する人材を育成する。

教育方針

「教育目的」を実現するために、更に次の3つの「教育方針」を定める。

  1. 礼節を重んじる
  2. 主体的な行動力を養う
  3. 多様な経験を積む

本校の特色

「探究」の名城

未来を生き抜く力と、学び続ける姿勢を育む

2019年度より「総合的な学習の時間」が「総合的な探究の時間」に変更され、全国の学校で探究活動の導入が進んでいます。探究とは、知識・技能を踏まえて深く考え、物事の真相・価値・在り方などを明らかにすること。変化が激しい現代社会では、新しい知識や環境への適応力、対人関係の調整力、課題の解決能力が求められますが、そうした力を得るためには、生涯にわたって自ら学び続ける必要があります。

名城大学附属高等学校では20年以上前から、独自の取り組みとして探究活動をスタート。未来を生き抜くための学力の向上と、学び続ける姿勢を育むことに主眼を置いたカリキュラムを策定しています。1年生から3年生まで、「課題の設定」「情報の収集」「整理・分析」「まとめ・表現」を繰り返しながら、生徒一人ひとりの力を育んでいます。

これからの時代に求められる力

探究活動の対象は全学科、全コース。

生徒の提案から生まれた学びも多数。

名城大学附属高等学校では、全ての学科・クラス・系列で探究活動の時間を設けています。与えられた課題を自分なりの視点で調べたり、仲間と議論を重ねたり、学校の外へ出かけたり。英語学習においては、単語や文法をただ覚えるだけでなく、世界を相手に自分の意見を伝えられる「生きた英語」の習得を目指します。

探究活動に細かなルールはありません。生徒の「あれがしたい!」「これがしたい!」に、全力で応えられる環境を用意しています。

Meijo Topics

SSH4期目の指定(通算16年目)

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)とは、国際的な科学技術関係人材の育成を目的に、文部科学省から指定を受けるものです。名城大学附属高等学校では、SSHを探究活動のひとつに掲げ、高大協創・産学連携により、最先端かつ最高水準の科学技術を実感できる指導体制を整えています。

詳しく見る

Meijo Topics

働き方改革

教師の働き方改革は、教師が毎日元気に生徒の前に立って、未来につながる力を育むために必要です。また、教師は本分である学習指導をはじめとする教育活動に、これまで以上に力を注ぐ必要があります。

本校では、質の高い教育を提供し続けられるよう法律に定められた労働時間の範囲で、教育効果を最大限に発揮できるよう、教職員が工夫をしながら効率的に指導や業務に取り組んでいます。

生徒の学習意欲や興味関心を高め、主体的な学びを育むことを念頭に、授業では生徒一人ではできないこと、学校でしかできないことに取り組みます。

Meijo Topics

ICT教育

授業では、プロジェクターやパソコン、タブレットなどのICT機器を活用しています。また、本校はオンライン学習支援サービスを導入しており、生徒は家庭にあるパソコンやスマートフォンなどを用いて、予備校講師などによる授業動画を視聴して学習することができます。もしも、新型コロナウイルスなどの感染防止のために臨時休校になったとしても、生徒は教師から遠隔指示で学習を継続することができます。

本校のあゆみ

故田中壽一先生により名古屋高等理工科講習所として開設

名古屋高等理工科学校に名称変更

名古屋市中村区新富町に校舎新築移転

学校教育法により名古屋文理高等学校として開校

名城大学附属高等学校と改称(設置学科:普通・商業・電気・機械)

1963年より始めた校舎の鉄筋工事完成

全館空調設備等総合整備完了

全天候型校庭舗装完工

開学60周年記念第二体育館(屋内温水プール)完成

新校舎の完成

総合学科開設(設置学科:普通科・総合学科)

普通科特進クラスを共学化

ISO14001の認証を取得

普通科を共学化、高大一貫7カ年教育の普通科国際クラス設置

総合学科を共学化、全科男女共学となる

文部科学省主催 サイエンス・パートナーシップ・プログラム(SPP)

「人体の不思議と医療技術の進歩」採択

文「バイオテクノロジーを利用した作物育種」採択

文部科学省所管 スーパーサイエンスハイスクール(SSH) 採択校となる

新体育館兼武道場完成

文部科学省所管 スーパーサイエンスハイスクール(SSH)採択校となる(2期目)

文部科学省コアSSH「地域の中核的拠点形成」採択

文部科学省所管 スーパーグローバルハイスクール (SGH)採択校となる

文部科学省所管 スーパーサイエンスハイスクール (SSH)採択校となる(3期目)

文部科学省所管 スーパーサイエンスハイスクール (SSH)採択校となる(4期目)

概要

名称

名城大学附属高等学校

理事長

立花 貞司

校長

伊藤 憲人

設立

1926年

所在地

〒453-0031 名古屋市中村区新富町1丁目3番16号

TEL

052-481-7436

生徒数

1,946名(令和3年4月現在)

学科・コース

【普通科】 スーパーサイエンスクラス/進学クラス/国際クラス/特進クラス

【総合学科】 社会探究系列/地域交流系列/ビジネス系列/数理系列