SGH Super Global
High School

スーパーグローバル
ハイスクール(SGH)事業とは
What is
Super Global High School (SGH) Program?

スーパーグローバルハイスクール(SGH)事業は、文部科学省が平成26年に開始した事業です。その目的は、グローバル化が進む社会において、社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、将来、国際的に活躍できるグローバル・シチズンを育成することです。
国際化を進める国内外の大学を中心に、企業、国際機関等と連携を図り、グローバルな社会課題・ビジネス課題をテーマに探究的な学習を行う学校をスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定し、質の高いカリキュラム開発・実践、体制整備を行います。
SGH校の生徒は、課題研究のテーマに関する国内外のフィールドワークを実施し、自分自身の目で見聞を広げ、挑戦することが求められます。

The Super Global High School (SGH) was launched by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), and its aim is to foster globalized leaders who will be able to play active roles on the international stage through special education that focuses on awareness-raising and in depth understanding of social issues, communication ability and problem-solving skills.
High Schools certified as SGH conduct multidisciplinary, comprehensive and exploratory studies on social and business issues at the global level, in collaboration with domestic and overseas universities that promote globalization as well as corporations and international organizations.
SGH students are required to conduct fieldwork both domestically and internationally on a research topic as part of their learning so that they can broaden their perspectives.

スーパーグローバルハイスクールの指定期間は5年間です SGH Certification Lasts Five Years

指定1年目の平成26年度には、国公私立合わせて246の指定希望校の中から、書類審査及びヒアリング審査を通過した56校がSGHに選定されました。指定校の内訳は国立4校、公立34校、私立18校です。愛知県では、本校と県立旭丘高等学校が指定されました。

In 2014, 56 high schools were certified as SGHs out of 246 public and private schools, through the application process of a hearing/interview and screening of documents. The certified high schools include 4 national, 34 public, and 18 private schools. In Aichi Prefecture, Meijo University Senior High School and Asahigaoka High School obtained the certification.

本校のプロジェクト School Project

研究開発構想名 The Vision Title of
Our Research and Development

高大協働による愛知県産業を基盤にしたグローバルビジネス課題の探究

Studies related to the global issues facing industry in Aichi in cooperation with universities and corporations

対象生徒の規模 The Scale of the Implementation

主対象:第1学年~第3学年 普通科国際クラス
対象:第1学年 普通科一般進学クラス/第2学年 普通科一般進学クラス文系/第3学年 普通科一般進学クラス文系 課題探究選択者

Main object students:International Classes (1st to 3rd grade)
Object students:1st grade: Standard Classes/2nd grade: Liberal Arts Course3rd grade: Liberal Arts Course and option Research Project

概要 The Outline

愛知県の産業に根差した社会課題を軸に、高大・産学の連携・協働の探究活動を実施します。ものづくりの拠点であり外国人労働者の多い愛知県において、産業・ビジネスの領域を軸にグローバル課題を探究することは、グローバル社会における協働・共生及び自立した個人としての社会参加に対する動機づけにつながります。
本校では、産業や企業の持つ、「多様な人と共に働く(協働)」、「多様な人の暮らしを支える(共生)」、「技術をつなげ、世界に発信する(伝統とグローバル化)」、「社会や世界の課題に向き合う(CSR・CSV)」という4つの面に着目し、それらの視点から課題研究を進めます。
また、探究的な学習に向けて、PBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)の授業と課外活動、校内外の研究発表会とを合わせて行うことで、グローバルに活躍するスキルやマインドセットを育て、グローバルシチズン(世界市民)としての資質を育てます。

Focusing on inquiry learning in collaboration with universities and corporations, our students study social issues surrounding industry in Aichi where manufacturing is a principal industry with a large number of foreign workers, which lead to the realization of being global citizens with a keen sense of collaboration, harmony and independent mindset.
They advance their research by putting four aspects of business world in perspective, they are “Working with diverse groups of people”, “Living with diverse groups of people”, “Working to maintain and spread tradition”, and “Getting involved with social and global issues.”
Through Project-Based-Learning (PBL), extracurricular activity, and the in- and out-of-school meetings for presentations of their research related to exploratory learning, students achieve essential skills for being active on the global stage and establish a firm grounding to be global citizens.

研究開発の目的 The Purpose of
Research and Development

地球に生きる一市民として、社会や世界の諸問題を当事者意識をもって捉え、他者との協働を通して解決に向かう意欲あふれる人材を育成します。そのための体系的な教育課程やPBLの教育課程を開発し、校内及び他校への普及をはかります。

We help students take the initiative, practice for themselves towards social and global issues, and solve problems in collaboration with others.
We develop the systematic and PBL curriculum and spread it externally as well as internally.

課題研究の内容 The Purpose of
Research and Development

グローバルとローカルを往還できる視座をもち、グローバルシチズン(世界市民)として社会参加する意欲と能力を育成するため、社会課題を調査・研究します。
「課題探究」では、「A.多様な人と共に働く(協働)」、「B.多様な人の暮らしを支える(共生)」、「C.技術をつなげ、世界に発信する(伝統とグローバル化)」、「D.社会や世界の課題に向き合う(CSR・CSV)」という4つの面から学習を進め、具体的な個人の研究テーマを設定して理解を深めます。

We help students take the initiative, practice for themselves towards social and global issues, and solve problems in collaboration with others.
We develop the systematic and PBL curriculum and spread it externally as well as internally.

生徒の課題研究論文
テーマ例
Examples of
Students’ Theme of Research

伝統産業の海外展開の現状と展望 Overseas Expansion of Traditional Industry

BOPビジネスにみるニーズ分析と課題 Approach for BOP Business by Using Segmentation

義務教育における性的マイノリティの課題 Problems of Compulsory Education over Sexual Minority

外国籍住民の地域参加のための情報伝達に関する一考察 Offering Information for Foreign Residents

尾州の繊維産業における原産国表示案 Labeling the Country of Origin through Textile Industry in Bishu

外国にルーツを持つ子供たちへの教育支援 Educational Supports for Foreign Students in Japan

産業観光を利用したインバウンド戦略 Inbound Strategy Using Industrial Tourism