探究学習

多文化共生:名古屋モスク訪問

SGHネットワーク・WWL

2016年12月19日(月)、「多文化共生」の校外授業として、国際クラス1年生33人と2年生の留学生1人が、名古屋市中村区にある名古屋モスクを訪問しました。渉外担当のサラさんからイスラム教についての講義を受けるとともに、礼拝の様子を見学させていただきました。

できる範囲でいいんです。できなかったら神に申し訳ないという気持ちを持ってその分やればいい。

上記は「断食や1日5回の礼拝ができないときはどうするんですか?」といった、生徒の疑問に対する名古屋モスクのサラさんの返答です。生徒たちにとっては、あまり知らなかったムスリムの人たちの考え方や生活の様子を身近なものと感じることができるようになりました。

最新のブログ記事