探究学習

フィールドワーク:ポピンズナニーサービス名古屋

SGHネットワーク・WWL

12月14日(木)、「課題探究」の授業の一環で国際クラス2年生の生徒1人、3年生の生徒1人が、名古屋駅近くにある「株式会社ポピンズ」を訪問しました。2人は「事業所内保育所」をテーマに研究を進めています。ポピンズさんは本年度2回目の訪問となります。3年生は書き上げた論文を持って前回ご協力いただいたお礼と完成の報告に伺いました。以下は2年生の生徒がまとめた内容です。

ポピンズさんの事業内容は主に4つで、チャイルドケアサービス事業、シルバーケアサービス事業、ナーサリー事業、研修事業に分かれています。今回、私はチャイルドケア(保育)やナーサリー(保育所)に関するお話を伺いました。事業所内保育所を設置・運営していく上での課題や海外における研修事業など、幅広い視点から保育所を考えることができました。また、SNSを活用して子育てや介護に関わる方や、働く女性を支援するために、人材育成や情報交換の場を提供しており、女性のコミュニティも作られていると感じました。(Uさん)

最新のブログ記事