研究発表

スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会

SSH

8月7日から9日の3日間、神戸国際展示場において全国からスーパーサイエンスハイスクール指定校がすべて集い、平成30年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会が開催されました。

本校からは代表者として「前頭前野の脳血流量によるハイパーソニック・エフェクトの検証」というテーマでスーパーサイエンスクラス3年生の清井義さんが発表を行いました。

数学者として有名な東京理科⼤学特任副学⻑の秋⼭ 仁先生による演題「You can be a scientist from today. ~野に咲く可憐な花々に魅せられて~」の基調講演を聞く機会をいただき、秋山先生から生徒達に向けた「誰でも科学者になれる。身近なものに目を向けて、不思議に思う気持ちを持ち続けてほしい」というメッセージは、科学者の卵たちに大きな希望を与えました。

3日間に及ぶ発表会の間、生徒同士で活発に議論しあう姿が見られ、同年代どうしで刺激し合い、自身の研究を一層発展させる糸口と意欲を得たようでした。

最新のブログ記事