研究発表

SKYSEF2018

SSH

静岡北高校主催のSKYSEF2018(21世紀の中高生による国際科学技術フォーラム)が8月9日(木)から12日(日)、静岡県静岡市の清水テルサ、グランシップと袋井市の静岡理工科大学で開催され、本校スーパーサイエンスクラス2年生である大田悠貴さんと繁野直哉さんが参加しました。SKYSEFとは、Shizuoka Kita Youth Science Engineering Forumの略称で、課題研究に関する質疑応答や国際共同プロジェクトにおける科学的議論を充実させ、多様な国内外の生徒たちが、英語による科学コミュニケーションを集中的に行うことを目指して行われているフォーラムです。今年度もタイ、イタリアなど様々な国から11校と国内から4校の参加があり、ポスターセッションや各課題に挑戦する国際合同プロジェクトを通し、英語でコミュニケーションを取りながら交流を深めました。口頭発表会においては、分科会審査員特別賞を受賞しました。「自ら学びに向かい、国際舞台で他と協調しながら探究する資質を備えた人材の育成」という、本フォーラムの期待する人物像に応える活躍ぶりを見せてくれました。2人の将来につながるとても有意義な時間を過ごせたようでした。

最新のブログ記事